子牛が日々考えていること(妄想)を紹介します。創作童話やポエムの空間。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゅうちゅうちゅう

ちゅうちゅうちゅう



我輩は吸血鬼である。
名前はピエール。
吸血鬼界のなかでピエールの名を知らぬものはいない
と思うくらい有名な吸血鬼なのである。
どれくらい有名で偉大かというと
それは人間の世界では富士山くらい有名である。
吸血鬼のなかで知らぬものはいないくらい偉大で有名なのである。
そんな大吸血鬼の我輩は新しい街にやってきて
もう一ヶ月くらいたったのである。

ところが困ったことが起こったのである。
我輩は美女の生血が大好物なのであるが
さっき申したとおり我輩があまりに有名すぎるために
街の人間たちにもその噂が広まってしまい
夜には若い女たちを一箇所に集めて男衆が街総出で守るようになってしまった。
さすがの我輩も男全員相手では勝てないのである。

それで最近はもっぱら気休めにトマトジュースで我慢している次第だ。
しかしそれもやはり無理があるようだ。
美女の生血とトマトジュースではちがいすぎる。
せめて人間の血を吸わなければ。

しかしそうなると男かおばはんたちになる。
どちらも我輩は大嫌いだ。
飲んだら吐き出しそうだ。
だがこのままでは外で干された椎茸のように
我輩の体は干上がってしまう。
やむをえないところにきている。
我輩はおばはんの血を吸うことに決めた。

そういうわけで今晩おばはんがいる家に忍び込んだわけである。
ちょうどいい具合に顔を下に向けてうつぶせに寝てた。
そして規則正しくトロンボーンのような低音のいびきをかいていたのであった。

髪は黒髪のロングでタコのようにまばらに散らばっていた。
しかし月明かりが髪を照らしているが
若い女に特有な髪の光沢も香りもなかった。
それを見ながらやはり我輩は迷っていたのである。

吸うべきか 吸わぬべきか

考えてみれば人生というものは
Y字路の連続のようなものなのである。
常にどちらの道を行くか選ばなければならない。
どちらに行くかでまったく違った人生になってしまうこともある。
慎重にならなければならない。

我輩の腹がなった。
その音はチェロのように優雅だった。
しかしトロンボーンとチェロの二重奏は我輩を苛立たせた。

吸おう。
吸ってしまえ。
ついに我輩の牙はおばはんの首筋に刺さったのであった。

ちゅうちゅうちゅう

吸ったと同時におばはんも起きた。

「ぎゃーーー」

低い男のような声だった。
むしろ男だった。
長髪のおっさんだったのだ。
よくみると頭のてっぺんがはるか彼方の地ジパングに布教におもむいた
かの宣教師ザビエルが如く禿げ上がっていたおっさんだった。
我輩は即座に吐き出そうと思った。

う・・・

だけどまてよ。
我輩の舌にはほのかな幸福が広がっていたのである。
すべての先入観を捨てよ。

これは美味いぞ。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:子牛
ようこそいらっしゃいました。
大人向けの創作童話を作っています。
よかったらみてください。
ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックするとランキングがあがるそうです。 よかったらお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。