子牛が日々考えていること(妄想)を紹介します。創作童話やポエムの空間。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬との会話

馬との会話



はやい馬がいいとはかぎらない
おそい馬のほうがいいのかもしれない
はやい馬は他の馬を見下しているかもしれない
もちろん人も

だからと言っておそい馬がいいとも限らない
はやい馬のほうがいいのかもしれない
おそい馬は他の馬にコンプレックスをもっているかもしれない
だから人にもなつかないかもしれない

はやいかおそいか
そんなことは重要なのだろうか
歴史上で馬たちをはじめてレースに出した人は
どういう人なのだろう

髭をはやした偉い人だろうか
それとも痩せ細った人だっただろうか

見ている人たちも
馬に興味があるのだろうか
それともお金に興味があるのだろうか
もし馬に興味があるのならば
馬と会話をしたことがあるのだろうか
それとも馬と話し合おうなんて一生思わないだろうか

心をかよわせるのには会話は不可欠だ
それは実際に口に出さなくてもいい
一回馬と向き合ってみようと思うだけでいいのだ
そう思うと簡単だろう

そう考えるとわたしたちは
ほとんどのものと会話をしたことがないことに気が付くだろう
ほとんどのものと向き合ってみたことはない

人類の歴史はそれゆえ常に孤独だ

孤独ゆえにいつも震えて脅えているのだろう
何かにつけて人は誰かを妬み誰かと争そってきた

誰とでもいいのだ
もし誰かと本当に向き合うことができたなら
いやもし本当に自分自身と向き合うことができたならば
もう争いなどは起こらないのだ
なぜなら自分の孤独と他人の孤独は一緒なのだから

馬の話に戻そう
はやいかおそいか
それは問題ではない
問題なのは馬と向き合ったことがないことだ
馬の声を聞いたことがないことだ
馬の声を聞いてみよう
スポンサーサイト

俺のやり方

俺のやり方



ああ困った。
誰しも自分のやり方には誇りを持ちたいものだ。
だが今、俺は自分のやり方を変えなければいけなくなったのだ。

俺の名前は佐藤。
競走馬の調教師をもうかれこれ20数年やっているものだ。

菊鼻賞
天山賞
BKグランプリ

俺が育てた馬がとったタイトルは数知れずだ。
お前も知っているだろう?
バングーライアンの名前を。
あれは俺が育てた馬だ。
すごいだろ。

困ったことはなんだって?

そうなんだ。
あの事件が起こってからめっきりだめになってしまったんだ。

4年前の8月のレースのこと。
俺が育てた馬が突然暴れだして隣にいた馬を蹴り飛ばしてしまったんだ。
名前もいいたくないがそいつがいきなり怒りだして暴れたんだ。

それからというもの俺が育てた馬はなぜか同じことをやりだすようになった。
原因はナンだって?
そんなもんわからん。
俺のやり方はいつだって完璧だった。

俺が採用しているやり方はいつでもシンプルだ。
要は成果主義なのだ。

馬たちは人参が好物だ。
だからレースに勝った馬にはたくさん人参をやるんだ。
そうすると馬たちの間に競走しよう勝ってやろうという気持ちがうまれる。
そうすることで速く強い馬が育つんだ。

当然あまり勝てない馬には少ししか人参を与えない。
そうすることで馬にハングリー精神がうまれる。

最初に暴行した馬はなかなか素質がある馬だった。
レースでも何勝かした馬だった。
ところが突如勝てなくなったんだ。
俺はそいつに喝をいれるつもりであえて人参をやらなかった。
するとどんどん負けだして目つきが悪くなってきたんだ。
そしてあんな暴行事件を起こした。
その怒りをレースにぶつければ勝てたかもしれないのに。

しかしそんなことがあったおかげでさすがの俺もやり方を変更しなければいけなくなったのだ。

方向転換だ。

というよりそうせざるをえなくなった。
もう一回暴行騒ぎをおこしたら俺の首が飛ぶ。
今までとまるっきり逆の育て方をするようにしたんだ。

人参は勝っても負けても平等にやるようになった。
それで勝ったらほめ
負けたらなぐさめた。

そんなことは今まで一度もやっていなかった。
馬なんかに話しかけてどうするんだって気でいたからな。
だけどそれから変わったんだ。

どんどん勝てる。
馬たちがどんどん勝てるようになったんだ。

俺の今までのやり方は間違っていたのだろうか?
プロフィール

Author:子牛
ようこそいらっしゃいました。
大人向けの創作童話を作っています。
よかったらみてください。
ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックするとランキングがあがるそうです。 よかったらお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。